第1期電王戦開幕。

今年も電王戦の季節です。

先月、AlphaGoが圧倒的な強さで人工知能の可能性というかGoogleの実力を世界中に見せつけたのは記憶に新しいところ。

将棋に比べて読むべき局面が多いコンピュータ囲碁がトップレベルに勝つようになるのはまだまだ先のことだとつい最近まで言われていた気がしますが、技術の進歩はそんな人間の認識をあっさりと抜き去っていきました。

機械学習の威力は凄まじいですね。だって気づいたらもう自動運転とか現実にやっちゃえるようになってるわけですから。

与えられた情報から最適解を得るやり方を覚えたコンピュータを相手に、人間が同じ土俵で戦うということはもはや無謀に思えるほどです。

でもその次元でまだ互角に戦えているプロ棋士はやっぱり凄いなと思う今日この頃。

そういえばAlphaGoが勝った後の朝、文化放送で誰かが「将棋ではもうだいぶ前にコンピュータが名人より強くなっちゃってるんです」みたいな知ったかコメントをしてましたが、それはさすがに言い過ぎというか、きっと電王戦なんて見たこともないんだろうな、と思ってテンションが下がりました。

ともあれ、中尊寺や延暦寺といった歴史ある会場で人間対コンピュータ、最高峰の対局が行われるというのはなかなか感慨深いものです。

初代叡王対PONANZA、きっと歴史に残る名局になるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)