第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝~決勝!

藤井五段(六段!!)優勝おめでとうございます!

珍しく棋譜だけじゃなくニコ生で全部観られました。すごかったです…

対局前は羽生さん勝つかな…とか漠然と思ってはいたんですが、藤井五段から対局中からもう強者の貫禄がにじみ出てるように感じました。

持ち時間を先に使い切ったのに羽生さんを相手に勝ち切るってすごいしか言えませんよね。

決勝戦でも落ち着いた指しまわしで勝つべくして勝ったといった感じ。

もう面白いようにどんどん記録更新していきますね…五段になったと思ったらひと月立たずに六段…

本当におめでとうございます。羽生さん、広瀬さん、久保さんもお疲れさまでした。充実した一日でしたね。


ところで藤井五段(六段)やあきこ(ポナンザ)の将棋を見てて、特にこの2日でやっぱり居飛車が横綱将棋なのかな…と感じました。

石田流とか向かい飛車でさばいたり美濃囲いしたりってのは大好きなんですけど、惰性で指してるところもあって上達してる感がそろそろないこともあり、気分を変えてちょっとしばらく居飛車だけでウォーズの初段を目指して一からやってみようかな、と思ってます。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

ローソンのあきこ将棋が強すぎる

今日2月17日、第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝で羽生竜王と藤井聡太五段が対局します。

それが楽しみなのは当たり前なんですけど、LINEのローソン公式アカウントからローソンクルーのあきこさんと将棋ができる企画が始まりましたね!

何局も指しましたが、勝てないどころか完封されまくりで逆に面白くなってしまいました…もはやいい勝負に持ってける気さえしません。

中身がPONANZAだそうなので、強いのは当たり前なのですが、実際対局してみると本当に強いです。遊び心がないというか容赦ないというか(笑)。

1回30分でいったん終わりですが、回数制限もないようなので、すべてを見透かされている気分になりながら好きなだけ全力で負けられます。

前に「PONANZAは振り飛車は振りと考えてる」みたいな話を聞いたような気がしたりしなかったりするのですが、今のところ一回も飛車を振ってこないのを見て、やっぱり居飛車なのか…という気持ちになりました。

もしまだ試してない方はぜひLINEから試してみてください!

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

勝手に成ったり成れなかったりする不具合修正など

誤タップ修正

将棋の遊び部屋で、成りたいときに成れないことがあるというご指摘をいただきました。

選択ウィンドウを出すようにしたのですが、駒の移動先を選択するクリックと成り不成りを選択するボタンに対するクリックが重なってしまい、移動した瞬間に不成が選択されている、という不具合だと思います。

実際練習問題でも同様だったのでスマホ利用時にかなり不便だったと思います。ご迷惑をおかけしました。

先ほど修正しましたので、多分大丈夫だと思います。ご指摘ありがとうございました。

ちなみに具体的にはボタンに対してonclick=""でクリック時の関数を設定していたところを、スマホの場合にclickではなくtouchstartイベントを設定するようにしました。そもそも最初からそうすべきなんですよね…勉強になりました。

後手番時の盤面反転

ついでといっては何ですが、後手番での対局開始時、盤面を上下反転して開始できる機能を追加しました。

後手で遊びたいけど画面の上側が自分ということに違和感があった方にも楽しんでもらえたら嬉しいです。

もしかしたら修正に伴ってまたおかしなところがあるかもしれませんが、お気づきの際にはお気軽にコメントいただけると助かります。

よろしくお願いします。

キャッシュ更新

上記を更新するにはしたのですが、androidで何度リロードしてもキャッシュから読み込んでしまって更新が反映されないことを確認したので、html側でキャッシュの有効期限を設定して常に最新のファイルを読み込むようにしました。

が、これが最善とも思えないので、何か良い方法があったら教えてください…(笑)

藤井五段おめでとう

史上初の中学生五段!見事ですね。

このまま優勝して六段…となりそうな勢いはありますがどうなるのでしょうか。準決勝、羽生さんとの対局が楽しみです!!

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

あけましておめでとうございます(遅い)

羽生さんの国民栄誉賞受賞はもちろんのこと、藤井四段が佐藤天彦名人を破っての朝日杯将棋オープン戦準決勝により羽生さんとの対局が決まり、年明け早々メインイベントが到来した感じです。

年明け早々のハイライトと言えば、将棋と全く関係ないんですけど1月2日はスーパームーンでしたね。

スーパームーンという言葉自体を去年12月に初めて知り、「一年に一回しかないのかすごい!」と思った直後に「来年は1月2日」と書いてあるのを見て「すぐかよ!」という突っ込みを心の中でいれてみましたが、どちらも大きくてきれいな丸い月でした。

来年(2019年)はいつなのか知りません…

最近は毎年電王戦が楽しみでしたが、去年で一区切りついたこともあり、少し物足りない感じもしています。

ところで相変わらずの将棋ウォーズ一級なんですけど、去年はじめて将棋道場に行ってみました!

やっぱりいろんな方(主に高齢の方が多いですが)と対局するのは面白いですね。時間制限がないのも逆に新鮮。

何回か通って、二段までにはほぼ負けないのですが三段には負け越す感じで、そこでは二段ということになりました。

将棋ウォーズの一級くらいだと割と定跡っぽいというかありそうな手に出会うことが多い印象ですが、道場だと変わった手を指す人もいて楽しいです。

今年も行きたいですが、場所によってはたばこの煙がきついんですよね…とまあそんなこんなで、今年もよろしくお願いします!

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

知性の汎用性

若干遅いですが、羽生さんの永世七冠、ほんとすごいですね……

これだけ長い間トップを走り続け、ここで大記録を更新とかほんと感心するほかありません。国民栄誉賞あげない理由がもはやないと思います。

ところで12月9,10日のAI竜星戦2017ではアルファ碁ゼロが不参加でしたが、客観的に見て一言で人工知能と言ってもGoogleとその他では非常に大きな隔たりがあるように感じます。

人工知能が発展することの危険性を指摘する人たちがいますが、個人的にはそんなことを恐れて研究や利用の規制を検討しようなんてナンセンスだと思います。

ただ、技術の進歩自体ではなく、最高の技術が一点に集中して他の追随を許さないような状況には確かに危機感を覚えてもいいような気はしています。

検索サイトとしての有用性やGooleマップの便利さは言うに及ばず、様々な面でGoogleがないと成り立たないような世の中になりつつあるといっても過言ではない中で、他の研究者が頑張って到達する技術水準のはるかに上をGoogleが走っていても誰もが『当然』のような感覚を抱くほどの存在になってしまい、実際に世界の技術の最先端が集まってそこだけ異次元的に発展していくのは…どうなんでしょうね。

なんていうか現代のバベルの塔的な…なんて考えてみたり。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用