二冠と王位・棋聖という表現について

ところで最近は対局解説でもニュースでも、藤井二冠ではなく藤井王位・棋聖と表現されていることが多いのですが、これって何かこう呼んでくださいみたいな通達とかがあったりしたのですかね?

二冠だと何の二冠かわかりにくいからというのはあるんでしょうけど、それだけの理由とは思えないのですが・・・なんとなく気になっています。

名人位を持っていたら何冠でも名人と呼ぶ、みたいなのはあった気がしますよね。そんな感じの何かなんでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

伊藤匠四段が強い

先週から第4回AbemaTVトーナメントの予選リーグが始まり、毎週土曜日が楽しみになりますが、一回目、二回目チーム藤井の対局でした。

Abemaトーナメントで優勝しかしたことがないという藤井二冠が今回も優勝できるのかというのは大きな見どころでもあるのですが、チーム藤井の伊藤匠四段がとても強いです。

藤井二冠が指名するということで何かあるんだろうと思ってはいましたが、初戦で久保九段、船江恒平六段を圧倒する将棋を見て、これは強いと確信しました。

チーム三浦の作戦会議ではすごいもち上げられようで、三浦九段が練習で一局も勝てなかったとか伊藤さんは何でも知ってる・・・のような発言が出たりとか、解説者以外は四段になる前から伊藤四段が強かったということを身に染みて理解しているという感じでしたね。

前回の大会でチーム三浦の練習相手を務めた伊藤四段が鬼のように強かったということでしたが、それを聞いてなるほどと頷けました。

高野五段に対して一勝一敗でしたが、高野五段が伊藤四段に対して委縮しているようにも見えたのも印象的で、これは下手をすれば藤井二冠に迫る逸材なのではないだろうかと興奮してしまいました。

もちろん、その伊藤四段を指名した藤井二冠もやはりすごいですね。

それにしてもAbemaのおかげで将棋そのものや棋士が動いている姿を目にする機会が増え、大変ありがたいと思います。

名人戦などの棋戦も盛り上がりますが、チーム戦というのはお祭りのような感じで楽しいですね。

作戦会議などで普段見ることができない姿から棋士の知らなかった魅力を発見するきっかけにもなるのもよいと思いますし、何よりこれまでよりも棋士という存在が身近に感じられるようになりました。

来週からも楽しみにしたいと思います。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

今年の締めくくり

今年を振り返るとなんといってもコロナですね・・・。

将棋でもマスク着用の対局が普通の光景になりました。

藤井二冠の特集を買ったのですが、マスク姿がたくさん載っており、ある意味貴重な資料になるというか何十年かしてこれを見た人はなんて思うんだろう・・・と思ったりしました。

先日遊び部屋をいろいろと修正して難易度調整を行い、どうぶつしょうぎの画像も修正したりしたのですが、なぜか自分側のトライができないことに先ほど気づいて焦って修正しました。

そもそももっと先に気づくべきなのですが、今年のうちに不具合を見つけて修正できたということに謎の満足感を感じてしまっています。

ということで一日早いですが、今年もお疲れさまでした。来年もよろしくお願いします。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

豊島竜王強い

10月5日の王将戦挑戦者決定リーグ戦、注目の豊島竜王対藤井二冠の対局は、豊島竜王の勝ちとなりました。

今回も見ごたえのある将棋でした。

171手という長い将棋になりましたが、これで豊島竜王は対藤井二冠で負けなしの6連勝ということになります。

ここまでくるとさすがに藤井二冠でも豊島竜王に対して苦手意識を持ってしまうのではないかと心配になってしまいますね。

9月のJTプロ公式戦で豊島竜王に敗れてその後王将戦挑戦者決定リーグで羽生九段、豊島竜王と、ひと月の間に藤井二冠が3連敗しているというのもなかなか珍しいように思います。

リーグ戦では後が無くなってしまったとはいえ、実力的にはまだ十分タイトルに手が届くところにいると思いますので、期待して応援したいと思います。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

久々の羽生九段勝ち

王将戦挑戦者決定リーグでの藤井二冠対羽生九段戦は、羽生九段が勝利を収めました。

非公式戦を含めてもたぶん第零期獅子王戦以来3年ぶりの勝利です。

中盤まで一進一退という印象で、互角なら終盤で藤井二冠が有利かとも思ったのですが、さすが羽生九段といったところで後手の隙をついて80手で鮮やかに詰ませてしまいました。

最近でこそ藤井二冠の活躍に隠れがちでしたが、やはり羽生九段の実力は今でもトップクラスであることは間違いないです。

戦型は横歩取りでしたが、藤井二冠はひとつ前の対豊島竜王戦でも同様に先手横歩取りから負けており、興味深いところですよね。

対藤井二冠で圧倒的に強い豊島竜王はもとより、今回の久しぶりの勝ちをきっかけにして羽生九段が対藤井二冠でも本来の存在感を発揮してくるようになれば、将棋を観戦するのがますます面白くなりそうです。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用