初手3八金の意味するところ

最後の電王戦第1局、初手3八金。

一般的な初手は居飛車なら2八歩、振り飛車なら7六歩といったところで、中飛車決め打ちの5六歩でさえあまり良くないと言われるところ、3八金。振り飛車を好まない棋風だとしても、人には指せない手だろうと思います。しかも名人相手の大舞台。

この初手を見て、名人の勝利を予想した人も多かったのではないでしょうか。

ところが、この3八金は終局までこの位置で右の守りの要として大きな存在感を保っていました。3八金のおかげで先手が勝ったとは言わないまでも、結果的にまったく悪手とは言えない手です。

木村八段のいう通りで「マイナスにしか見えない手がマイナスになっていない」という、常識からすると奇妙な状況でしたが、「初手3八金はダメ」という先入観がそもそも人間の思い込みでしかなかったという事実を突きつけられたといってもよいのではないでしょうか。

例えば2手目3二飛もぱっと見不安な手で当初はどちらかというと異端的な印象がありましたが、いざ指してみると意外といけるということで升田幸三賞を受賞し、一定の地位を確立しています。

同様に、絶対に飛車を振らない、玉は5八で十分という信念のもと、初手3八金は悪い手ではないのでしょう。少なくとも実際にPONANZAがこれ採用し、名人を下したという実績ができた以上、PONANZAや名人にかなわない人間が「初手3八金は筋が悪い」と指摘したところで説得力はありません。

むしろ、この手の思い込みをいったん忘れて将棋の常識を見直したほうが建設的ですし、電王戦の意義があるというものです。

ところで「人間がコンピュータを攻略する際、定跡にない手を指すことで相手を混乱させる」といった戦法が有力だとされたことがあります。米長永世棋聖もボンクラーズに対して2手目6二玉を指しました。常識外の手でも、勝ちに結びつけようとする想像力というのは将棋において大事な要素なのかもしれません。

今回、PONANZAが指した初手は、単に常識に縛られないコンピュータが他の手と同様に評価したうちの一手だったかもしれませんが、電王戦という晴れ舞台で数ある初手の中から3八金が選ばれたという偶然は、考えようによってはとても面白いと思います。

名人に対して、常識外の、一見すると筋が悪い、人によっては無礼とまで言うような手で挑むPONANZAを見て、世間の評価を気にせず、純粋に名人との対局を楽しんでいる感じがすると思ったのは僕だけでしょうか。

続く7八金も、あまり見慣れず、どちらかといえば初心者の対局に出てきそうな形。定跡をいろいろ知って常識に縛られた人間よりも、無邪気に将棋を楽しむことができる、将棋にはまだ人間が知らない面白さがあると教えてくれるかのような一手。

今回、おそらく手順的には初手2六歩でもPONANZAが勝ったでしょう。ですが、そこで3八金を披露して世間を騒がせてみせたエンターテイナーぶりを偶然に発揮できるほど「持っている」ことが、PONANZAの魅力であり、強さの秘密かもしれません。

結果的にはPONANZAが持ち時間を3時間残しての圧勝とも言えますが、無難な手の応酬で勝敗が決まるよりもずっと面白い一局でしたし、名人にコンピュータが勝った歴史的な一局であるというだけでなく、その初手が3八金だったというところまで含めて、最高の対局だったと思います。

名人は勝算があると話していましたし、第2局も名局が生まれることでしょう。名人のリベンジが見られることを期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

電王戦が今回で終わる件

「今までの形式の電王戦は今回が最後になる」そうですが、妥当な時期ですよね。

このままの形で続けていってもこれ以上は双方得るものがなさそうですし、コンピュータの使用ルールを定める等、先に片づけておくべき問題がありそうですしね。

羽生さんにとっては残念かもしれませんが、普通に考えて負けて当たり前(少なくとも数年後には)の勝負なんか受けたくはありませんよね。

仮にオリンピックの100メートル走にバイクの出場枠があって、でも人間が負けたら「やっぱり人間はもうバイクに勝てないんだ」なんて世界中の人にしたり顔で言われたり、負けたことに同情されるとしたら、陸上選手もやる気がなくなることでしょう。そんなこと分かってるって。

現時点でコンピュータが人間最高の棋力を上回っていると考える人も多いのではないかと思いますが、それでもまだコンピュータと人間が互角に戦える段階の、ちょうどこの節目で最後の電王戦が現役コンピュータ最強のPONANZA対現役名人の対局になったいう事実にロマンを感じます。

自動運転や人工知能の話題が多くなり、何かとAIブームの今年ですが、そういう意味でも時代的に意義のあるイベントになりそうです。

「今までの形式」が最後ということは、新しい形式を検討しているということですから、興味深いです。将棋界が良い方向へ動いていると感じます。

電王戦が楽しみなのはもちろんのこと、その後の展開も面白くなりそうですね。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

なんとなく不正疑惑問題について

佐藤天彦名人が叡王戦を制し、現役名人対Ponanzaという大イベントを前にして盛り上がる一方、谷川会長の辞任という残念な事態が年明け早々起こってしまいました。

昨年の不正疑惑事件の直接的な原因といえば規定の整備が遅れていたことだとは思いますが、どうして整備が進んでいなかったのかと言えば「まさかプロが不正なんてしないだろう」という棋士に対する信頼のほか、「まだまだコンピュータがプロにかなうわけがない」という長年定着していた常識も邪魔をしたのではないかと思います。

最近の囲碁界ではAlphaGoの衝撃により、あっさりとソフトが持つ異次元の実力を誰しも認めるしかない状況になりましたが、将棋界では米長永世棋聖によるコンピュータ将棋に対する「鎖国」によって、ソフトの実力を公式に認める機会を逸してしまったのが、今考えると不幸の始まりだったのかもしれません。

そもそもソフトの性能が圧倒的に低かったころはそんなものを利用しようという棋士がいないのも当然ですが、やっぱり手軽に勝負に勝ててしまうような甘い誘惑があれば負けてしまう可能性はありますよね。

将棋ウォーズでいえば、いい勝負を繰り広げた終盤、棋神が残っているのが目に入って思わず使ってしまうのと一緒です。勝ってからやらなきゃよかったという罪悪感を覚えますが、だって使えちゃうんだから仕方ないじゃないですか。

しおんの王では神園九段が「血溜まり」の意味を説明をしていましたが、元来将棋の対局とは互いに命を懸けるほどの真剣勝負であり、対局者だけでなく周囲の人々でさえ文字通り命がけだったわけです。そういう文化的な背景もあり、これまでは真剣勝負に水を差すような行為をしてはならない、という不文律で十分だったのでしょう。

しかし昔では考えられなかったほどコンピュータが上手に将棋を指すようになったのですから、時代も変わったってことです。ルールだって変わって当然かもしれません。囲碁のコミだって時代とともに変わってますし。

とはいえスマホ持ち込み禁止とか身体検査とかなってしまうと、なんとなく日本の伝統文化としての「将棋の趣」が若干損なわれてしまうような気はしますよね。

もちろん制限を明文化することがもはや必要なことに異論はなく、完全に禁止ってのもいいんですけど、将来的には永遠の一手の世界のように、一定の制限のもとでコンピュータの利用解禁にした方がよい気がします。使いたくなければ使わなければいいだけの話ってことで。

完全禁止なのに「この一局でのソフトとの一致率が云々」という話にまたなってしまうと、「この手は怪しまれるかもしれない」なんて無駄に委縮してしまう可能性もありますし。

まあ難しいですね。

それはさておき電王戦。

羽生さん対Ponanzaも見てみたいと思っていましたが、羽生さんから名人位を奪取して叡王戦でも羽生さんを直接下した現役名人の出場なんて最高にドラマチックな展開です。

Ponanzaが強いのは十分に理解していますが、今回は佐藤天彦名人の勝利を期待して応援したいと思います。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

永遠の一手完結について

 先週、週刊少年チャンピオンで連載されていた永遠の一手が完結しました。
 
 史上最強の羽内名人をコンピュータが破ってから10年。コンピュータが人間を超えたという「常識」に一人立ち向かい、将棋という文化を守り続けた増山名人、かっこいいですね。
 
 そして序盤は翔子の影が薄いと思っていましたが、彗星を開発して羽内サイドにつく一方でやっぱり父に負けてほしくないという葛藤が描かれ、一気に魅力が増しました。おじいちゃんの「翔子は恰好いいな」にたいして「だよね」と返すあたり、素敵です。
 
 最終回、翔子の「将棋ってすごい」の一言に作品の全てが込められている気がしました。
 
 どんなに技術が進歩して、どんなに賢い人工知能が作られようと、人間同士の魂のぶつかり合いが生み出す感動を表現することはできないのではないでしょうか。
 
 人と人とが知恵を競い合うからこそ面白い。「強さ」という表面的なパラメータだけに目を奪われてしまうと、そんな単純なことを忘れてしまいがちです。
 
 ちょうど今週、藤井聡太新四段の誕生についての議論が話題になりました。
 
 近い将来、棋士という職業がなくなるか否か。
 
 実際AIが全てのプロ棋士より強くなったとして、ただちに「棋士が20年後に食べていける職業ではなくなる」という結論を出すのは短絡的だと思います。
 
 プロ野球のピッチャーは人間が打てない速さでボールを射出するピッチングマシーンにとって代わられたでしょうか。
 
 車やバイクで移動した方が速いのに、マラソンや駅伝を見たがる人がいなくならないのはどうしてでしょう。

 技術が進歩した結果、「これまで人間がやっていたスポーツやなんかを機械がこんなに上手にできるようになりました!」って見せられたらとりあえずは「はーすごい」となるとは思います。でも、「だからこれから選手全員機械でやります! 機械の方がすごいんで!」と言われて納得するファンなんていませんよね。アイアンリーガーくらいのレベルになったらそれはそれで面白いかもしれませんけど、それはもはや違う種目です。
 
 電王戦は面白いですが、名人戦の趣をAIが作り出すことはできないと思います。好んで棋戦観戦をするファンって何も最善手が知りたいわけではなく、人間同士の対局が生み出す深みのあるドラマ、対局以外にも昼に何を食べるとか、どんな会場で行われているのかとか、そういう雰囲気全体をエンターテイメントとして楽しんでいるのだと思います。少なくとも僕はそうです。
 
 ただそうは言っても事実として(フィクションですが)、永遠の一手では彗星が羽内名人を破ったことがきっかけで将棋人気が低迷し、メジャー棋戦も名人戦一番勝負のみという形になってしまいました。
 
 2030年、増山と羽内が人間同士が対局する将棋の奥深さを見せつけたことで、一旦は下火になった将棋人気が復活し、名人戦も7番勝負に戻るという逆転劇をみせましたが、そこまでの道のりは困難だったと思います。
 
 シナリオ的には理想的なハッピーエンドといえますが、2030年までの手順中に誰かが一手間違えていたらこの結末は迎えられなかったかもしれません。
 
 10年間一人で戦い続け、人間の実力を見せ続けた増山の功績が大きいのはもちろんですが、将棋は一人では指せません。
 
 AIが猛威を振るい、一旦は多くのスポンサーが手を引いて斜陽産業となった将棋業界(※永遠の一手の話です)の中でも頑張り続けた多くのプロ棋士がいたからこそ、将棋自体が終わってしまうことなく2030年を迎えることができました。
 
 棋戦を縮小し、既存のルールを変えて(棋士とコンピュータが組むという形を取り入れて)でも将棋文化を残すことを提案した翔子のおじいちゃんの功績も大きいと思います。
 
 そういう意味では、コンピュータ将棋も含めて現実の将棋界が理想的な未来に向かっていくためには「AIが強くなっても関係ない。将棋文化は安泰だ」という楽観論だけではいけないのかもしれません。
 
 「棋士という職業がなくなる」という意見をただ拒絶するだけではなく、この問題提起に対して真剣に向き合うことで、将棋に限らずAIと人間が共存する理想的な未来が描けるのではないでしょうか。
 
 今週は叡王戦本戦の組み合わせが決まりました。明らかに羽内名人のモデルである羽生さんは一回戦で山崎初代叡王と対局します。
 
 羽生さんの電王戦出場も見てみたいですが、現役名人である佐藤九段も応援したいところです。誰が二代目叡王になるのでしょうか。

 今年の叡王戦、電王戦は特に熱くなりそうですね。

テーマ : 将棋 - ジャンル : 趣味・実用

チャトランガ!

チャトランガで遊んでみたいという要望をいただいたので、んとか将棋にチャトランガのページを作ってみました。中将棋等についてはすみませんがちょっと今のところ無理です。

チャトランガは将棋やチェスの歴史の話になると必ずといっていいほど出てきますが具体的には知らなかったので、今回調べてみてなかなか面白かったです。

飛車角やクイーンのような強力な駒がなく、イメージ的に強そうなマントリの使い勝手の悪さが斬新です。象の動きも新鮮。

歩兵のプロモーションもありますがもともと配置されていた列の駒に昇格するというユニークなルール。歩兵はポーンと同じく斜め前方の駒を取りながら移動することができるため、もともといた列がどこだか分からなくならないか心配になります。

王は一度だけ馬の動きをすることができるそうですが、馬の動きをしたかどうかを忘れてしまわないのかも心配です。

ルールを含めおかしな点があるかもしれませんが、試しに遊んでみていただけると幸いです。

・・・・・・

ところで以前こちらで書いたことですが、最近やっぱりchromeで移動可能な位置の背景色が反映されていないことに気づきました。

そもそも以前の対策でどうして解決できるのか不思議過ぎたわけですが、結局解決できていなかったということで逆にすっきりしました。今のところchromeでしか不具合を確認していませんが、これはもうお手上げです。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム